News

新型コロナウイルスとペット

毎日の様に新型コロナウイルス(COVID-19)への感染が報告され、日本のみならず世界中に閉塞感が漂っています。新型コロナウイルスの爆発的な感染拡大を防ぎ、収束へ向かわせるために、我々には正しい情報に基づく、落ち着いた行動が求められています。簡単に情報を広めることのできる現在ですので、決して誤った情報の爆発的な拡散(インフォデミック)により、我々自身の生活にさらなる悪影響が及ぼされないよう各自が人類に責任を負っていることを自覚することが大切なのかもしれません。

世界小動物獣医師会(World Small Animal Veterinary. Association、WSAVA)という団体があります。ここから新型コロナウイルスに関するドキュメント(最新3/20アップデート(3/26現在))が発表されています。ここから、私の立場から、ペットそしてペットと飼主の関わりに関係する部分を取り上げてお伝えしようと思います。なお、これら情報は逐一変化するものであるということも付け加えておきます。

1、原因ウイルス

コロナウイルスはコロナウイルス科に属しており、アルファおよびベータコロナウイルスは通常哺乳類に感染し、ガンマおよびデルタコロナウイルスは通常鳥類や魚類に感染します。犬コロナウイルスおよび猫コロナウイルスはアルファコロナウイルス属であり、今回の新型コロナウイルスの発生には関係がありません。新型コロナウイルスは、以前流行したSARSやMERSに遺伝的に近く、これらはコウモリ由来のベータコロナウイルスに属しています。

2、新型コロナウイルスは犬や猫に感染するか

香港で飼犬が新型コロナウイルスに感染したとの報道がありましたが、飼犬から検出されたウイルス断片(RNA)が感染を起こす完全なウイルス粒子なのか非感染性のRNA断片なのかについては分かっていません。現時点では、犬や猫が新型コロナウイルスに感染しうるという証拠は限定的であり、また、犬や猫が人に対する新たな感染源になるという証拠もありません。
通常の衛生対策(ペットに触れたら手を洗う、濃厚な接触を避ける等)を継続することが大切です。

3、犬コロナウイルスワクチンを接種すべきか

日本で上市されている犬コロナウイルスワクチンは、軽度の胃腸炎を起こす可能性があると言われている消化器症状を起こすコロナウイルスに対するものであり、新型コロナウイルスに対する防御能を示すという証拠は全くありません。ですので、新型コロナウイルスに対する何らかの防御を期待してワクチン接種を行おうとすべきではありません(WSAVA Vaccination Guidelines Group)。

4、最新情報はどこで手に入るか

  • 人に関しては

・世界保健機関(WHO) https://www.who.int/emergencies/diseases/novel-coronavirus- 2019

・アメリカ疾病予防管理センター(CDC) https://www.cdc.gov/coronavirus/about/index.html

  • 動物に関しては

・国際獣疫事務局(OIE) https://www.oie.int/scientific-expertise/specific-information- andrecommendations/questions-and-answers-on-2019novel-coronavirus/

・世界小動物獣医師会(WSAVA) https://wsava.org/news/highlighted-news/the-new-coronavirus-and-companion-animals-advice-for-wsava-members/

世界中が協力して、この難局を乗り越えましょう。閉塞した気持で沈み込まずに、今まで外にばかり目が向き気が付かなかった小さなことを楽しみ、忙し過ぎて作れなかった家族との時間をたくさん作りましょう。きっとすぐそばに明るい未来が待っています。
頑張りましょう。

posted date: 2020/Mar/26 /
category: お知らせ
page
top
Now loading...